PR

 米Oracleは米国時間2008年7月31日,企業向けの自動トレーニング・ツールを手がける米Global Knowledge Software(GKS)を買収することで合意に達したと発表した。手続きは2008年第3四半期に完了する見込み。買収金額については明らかにしていない。

 GKSは米Global Knowledgeの一部門で,エンタープライズ・アプリケーションを扱う企業ユーザーのためのトレーニング,テスト,インストラクションの自動化ツールを提供している。以前よりOracleと提携関係にあり,同社の製品「Personal Navigator」は,Oracleのユーザー向けキット「User Productivity Kit」に含まれている。

 Oracleは,GKSの製品を,自社のトレーニング・アプリケーション「Oracle Tutor」やeラーニング・ソフトウエアと組み合わせ,業務プロセスの文書作成,インタラクティブなシステム・トレーニング,社内全体にわたるアプリケーション・サポートなどを支援するWebベースの包括的なソリューションとして顧客に提供したいとしている。

 他社製アプリケーションに対応したGKS製品の導入にも焦点を当て,Oracleトレーニング製品全体の販売拡大を図る。

[発表資料へ]