PR

 米Micron Technologyは米国時間2008年8月4日,次世代SSDの新製品となるエンタープライズ向けの「RealSSD P200」とノート・パソコン向けの「RealSSD C200」を発表した。ともに読み込み速度は1秒あたり最大250Mバイト。現在サンプル出荷の段階で,2008年第4四半期に量産を計画している。

 RealSSD P200は,容量が16~128Gバイト,フォーム・ファクタは2.5インチ。SLC(single-level cell)方式を採用し,インタフェースは3Gbps転送対応のSATA。書き込み速度は1秒あたり最大250Mバイト。

 電力消費量はアクティブ・モードで2.5ワット,アイドル・モードで0.3ワット未満と,「一般的なデータ・センター向けHDDと比較して,約10分の1におさえた」(同社)。MTBF(平均故障間隔)は約200万時間という。

 RealSSD C200は1.8インチと2.5インチを用意する。1.8インチ版の容量は32~128Gバイト,2.5インチ版は最大256Gバイト。MLC(multi-level cell)方式を採用し,インタフェースは3Gbps転送対応のSATA。書き込み速度は1秒あたり最大100Mバイト。

[発表資料へ]