PR

 KDDIは2008年8月7日,「KDDI フレームリレーサービス」を9月30日に終了すると発表した。ユーザー数の減少に伴う措置。同社のフレームリレー・サービスは1995年11月に始まり,2001年3月のピーク時には6万回線を超える利用があった。しかし,2000年以降はIP-VPNサービスや広域イーサネット・サービスへの移行が急速に進み,ユーザー数も減少していた。現在の回線数は公開していない。既存ユーザーには「担当営業を通じて1年以上前から通知しており,IP-VPNサービスや広域イーサネット・サービスなどへの移行で個別に調整済み」(同社)としている。

 なお,フレームリレー・サービスの売上高は2006年度が47億8900万円,2007年度が31億8300万円である。これに対してIP-VPNサービスは2006年度が334億8100万円,2007年度が346億4300万円,広域イーサネット・サービスは2006年度が553億3300万円,2007年度が639億1400万円である。

[発表資料へ]