PR

 NTTドコモは2008年8月7日,PDC方式の第2世代携帯電話サービス「mova」の新規受付を2008年11月30日で終了すると発表した。それに伴って,2008年8月8日より,movaから第3世代携帯電話サービス「FOMA」への契約変更に必要な契約事務手数料2100円を無料にする。また,movaとともに,自動車電話サービスの新規受付も終了する。

 同社がmovaで利用している800MHz帯の使用期限は,2012年7月24日まで。「この日までにはmovaサービスを終了する見込みだが,具体的な日程はまだ決まっていない」(NTTドコモ広報)。この点は今後,ユーザー動向などを見ながら検討していくという。

 同社では,2年以上同一機種を使い続けたドコモプレミアクラブ会員に電池パックを無料でプレゼントしているが,このサービスも,mova向けは終了する。また,PDC方式の携帯電話網を使ったパケット通信サービス「DoPaシングルサービス」の新規受け付けが2008年9月30日で終了するが,このサービスに関しても,2008年8月8日からFOMAへの契約変更事務手数料3150円を無料にすると発表した。

[発表資料1へ(movaの新規契約終了)]

[発表資料2へ(DoPaからの契約変更手数料の無料化)]