PR

 TISと日本ヒューレット・パッカード(日本HP)は2008年8月7日,オープンソース・ソフトウエア(OSS)によるビジネス・プロセス・マネジメント(BPM)システム構築を共同で推進すると発表した。既に,マラソン選手の野口みずき氏が在籍することで知られるシスメックスで,JBoss jBPMをベースにしたBPMシステムを構築したという。

 JBoss jBPMは米Red Hatが開発し,オープンソース・ソフトウエアとして公開しているJavaベースのBPMエンジン。

 TISと日本HPは「BPMシステムの商用製品は高価で,システム構築に数億円規模の投資が必要になるとされていたことが導入にあたっての障壁となっていた。ライセンス料金が不要なオープンソース・ソフトウエアを採用することで大幅にコストを削減できる」としている。

 シスメックスで構築したのは経理,総務,勤怠のシステム。TISがJBoss jBPMをベースに開発した「e-ProcessManager」を採用し,2007年7月にシステム構築を開始。2008年2月に経理システム,4月に総務システム,6月に勤怠システムが稼働した。

 今後両社は,JBoss jBPMとOSやハードウエアについての組み合わせやベンチマーク,サイジングなどを行い,検証結果を文書として公開するとしている。