PR

 米Microsoftは米国時間2008年8月19日,仮想環境向けにサーバー・ライセンスや製品サポート・ポリシーを改定すると発表した。ライセンス改定により,対象となる41種類のサーバー・アプリケーションは,データ・ファーム内のサーバー間を必要に応じて何回でも移動できるようになる。新しいポリシーは,同年9月1日から適用される。

 これまでのポリシーでは,サーバー・ファーム内において物理サーバー間のライセンス移動が90日に1度に制限されていた。今回この条件が取り除かれたことにより,ITシステムのサポートに必要なライセンス数が減り,機敏さが向上するとしている。

 新しいソフトウエア・ライセンスは,「SQL Server 2008」のEnterprise版,「Exchange Server 2007」のStandard版とEnterprise版,「Dynamics CRM 4.0」のEnterprise版とProfessional版,「Office SharePoint Server 2007」など41種類のサーバー・アプリケーションに適用される。

 ライセンス・ポリシーの改定に併せて,同社は自社サーバー・アプリケーション向けの技術サポート・ポリシーを拡大した。自社の仮想化プラットフォーム「Windows Server 2008 Hyper-V」や「Microsoft Hyper-V Server」に加え,認定されたサードパーティの仮想化プラットフォーム上で稼働する同社の31種類のサーバーに対しても,物理環境で利用された場合と同レベルの技術サポートを提供する。

 同社はこの新しいサポート・ポリシーを実現させるために,同年6月に仮想化ベンダー向けのサーバー仮想化評価プログラム「Server Virtualization Validation Program」を開始している。ソフトウエア・ベンダーは,このプログラムを通じて「Windows Server 2008」および前バージョンのWindows Serverにおける仮想化ソフトウエアの動作をテストして評価できる。これまでに米Cisco Systems,米Citrix Systems,米Novell,米Sun Microsystemsなどが同プログラムに参加しているという。

発表資料へ