PR

 学生などの若者が作成したコンテンツのアグリゲーション・サービスを手がける米UWIREは米国時間2008年8月20日,米大統領選挙に関する専用ブログ「YOUTH VOTE '08」を立ち上げたことを発表した。若い有権者の大統領選に対する考え方など,率直な洞察を提供するとしている。

 YOUTH VOTE '08では,50人以上の若いコラムニスト,風刺漫画家,写真家,ニュース・レポーターなどがオリジナルの動画や画像,原稿を投稿する。また,UWIREが収集した記事の中から政治に関する優れたコンテンツを掲載する。

 UWIREのジェネラル・マネージャ兼バイス・プレジデント,Ben French氏は「選挙を初めて経験する非常に多くの若者が,今度の大統領選で重要な存在となる」と述べている。若いジャーナリストを起用することで,大統領選に大きな影響を与えるであろう有権者層の新鮮でユニークな見解を読者に提供する。

 YOUTH VOTE '08は,米CBS NEWSのWebサイトと米Washington Postのオンライン版からアクセスできる。

[発表資料へ]