PR

 ソフトバンクテレコムのメール・サーバーが故障したためにインターネット・サービス「ODN」などのメール送受信ができなくなった問題で(関連記事),同社は2008年9月3日午前3時10分に復旧したと発表した。

 メール・サーバーが故障したのはODNのほかに,個人向けの「SpinNet(スピンネット)」と法人向けインターネット・サービスの「ULTINA Internet」。9月2日午前10時55分ごろから16時間以上にわたってメールの送受信などができなかった。

 ソフトバンクテレコムは,メール・サーバーのディスク装置を交換したことで不具合を解消できたと説明しているが,詳しい原因は調査中。今回の不具合で,メールの処理で一部遅延が発生しているが,メール自体の消失はないという。

[発表資料へ]