PR
図●Zoho Docsの画面
図●Zoho Docsの画面
[画像のクリックで拡大表示]

 米AdventNetの事業部門Zohoは米国時間2008年9月4日,Zohoの各種オンライン・アプリケーション・サービスで作ったワープロ/表計算/プレゼンテーション文書などのファイルを一括して管理できるサービス「Zoho Docs」を発表した。

 Zoho Docsを使うと,ワープロ「Zoho Writer」,表計算「Zoho Sheet」,プレゼンテーション「Zoho Show」のファイルを1つの画面から管理できる()。画面上ではドラッグ&ドロップ対応の階層構造でフォルダを表示し,その画面からファイルの作成/編集/共有/表示などの操作が可能である。

 例えば,名前や作成/修正日時でファイルを並び替えたり,ファイルに分類用のタグを付けたりできる。特定の個人や指定したグループにファイルを公開する際に,読み取り専用や読み書き可能といったアクセス制限も施せる。ユーザー・グループ情報は,タスク/スケジュール/文書管理などを備える企業向けWebプラットフォーム「Zoho Business」と連動する。

 Zohoは,さまざまな企業向け業務アプリケーションの機能をSaaS方式で提供している。ワープロや表計算といったプロダクティビティ・スイート機能のほか,データベースや顧客情報管理,プロジェクト管理,オンライン会議などの機能も用意する(関連記事:Zoho,SaaSアプリケーション群に人材管理の「People」を追加アドベントネットのSaaSサービス「Zoho」,アプリの半数超を日本語化)。

[発表資料へ]