PR

 NECは2008年9月8日,NTTドコモの次世代携帯電話方式「Super3G」のコア・ネットワーク用装置の開発・製造ベンダーに選ばれた,と発表した。Super3Gは,次世代携帯電話規格「LTE」(long term evolution)のNTTドコモの名称。下り100Mビット/秒以上,上り50Mビット/秒以上の通信速度を実現する。

 Super3Gのコア・ネットワーク・システム「EPC」(evolved packet core)を構成する3装置,「MME」(mobility management entity),「S-GW」(serving gateway),「P-GW」(PDN gateway)をNECが開発・製造する。

 MMEはEPCの要となる装置で,Super3G端末の位置登録や着信時の端末呼び出し,ハンドオーバーといったモビリティ管理を実施する。S-GWは,3GシステムとSuper3Gシステムのユーザー・データ(音声やパケット)を処理する。P-GWは,EPCとIMS(IP multimedia subsystem),外部パケット網とのインタフェースを提供する。MMEについては,NEC1社が提供するという。

 現在,EPCの仕様はW-CDMAやLTEの規格を策定する3GPPで検討されており,その内容はほぼ固まっているという。

[発表資料へ]