PR
[画像のクリックで拡大表示]

 チェプロは9月9日、中堅・中小向けに低価格にした帳票作成サービス「Play@Lite」を提供すると発表した。アライアンス戦略も強化し、同サービスをERP(統合基幹業務システム)や業務ソフトと組み合わせて販売してもらうようにする。

 Play@Liteは、同社の帳票開発・運用ツール「Play@」の機能を限定し、ライセンス費用を無料で提供するサービス。Play@は簡単な設定だけで帳票を作成できるツールで、独自の圧縮技術を備えて軽量にしている点が大きな特徴だが、今回はツールをそのまま販売する方式を見送った。

 Play@Liteでは、まず帳票の項目やデータベースの定義をユーザーから聞き、これにあらかじめ設定してあるPlay@Liteモジュールなどを「インストーラー」としてチェプロが電子メールでユーザーに送信する方式。ユーザーは、自分のパソコン画面上に表示される帳票出力のショートカットキーをクリックするだけで済むという。独自形式のビュワーがプレビューとして形成され、閲覧、印刷、PDF出力、CSV出力も可能。

 Play@Liteの年間保守費用3万9800円(1社当たり)で、ユーザー仕様に合わせたカスタム帳票は5万円で作成する。Play@のライセンス価格は39万8000円(3ユーザー)からなので、ツールを購入するより導入しやすくなる。Play@Liteから、Play@にアップグレードすることも可能。

 「安価に提供するには、機能限定版を販売したりSaaS(ソフトウエア・アズ・ア・サービス)を活用するやり方がある。しかし、それでもユーザーには敷居が高いので、今回のような方法を考えた。パッケージ販売では帳票部分のカスタマイズが課題になりがちなので、ERPや業務ソフトを扱うパートナーも売り込みやすくなるだろう」(福田玲二社長、写真)。

 Play@Liteは今後3年間で270社に販売し、今年度だけで50社を目標にしている。営業人員の強化も図り、2010年度までにさらに19人増やす。アライアンスではパートナー専任営業を配置するほか、共同マーケティングや共同営業をさらに推進していくという。