PR

 ベンチャー・キャピタルのKleiner Perkins Caufield & Byers(KPCB)は,iPhone/iPod touch向けアプリケーションなどの開発会社を対象とする投資ファンド「iFund」を通じ,5社に合計3000万ドル以上を出資した。

 出資先は,ソーシャル・ネットワーク機能を備える情報共有アプリケーション「Whrrl」のPelago,遠隔ホーム・オートメーション/監視システムのiControl,ゲームのng:moco,ソーシャル・ネットワーク/マーケティング・プラットフォームのGOGIIと,社名がまだ決まっていない仮想世界アプリケーションを提供する予定の企業。

 iFundは,KPCBが2008年3月6日に設立した投資ファンド。iPhone/iPod touch向けアプリケーションやサービス,コンポーネントを手がける企業に総額1億ドル出資する計画を立てている。これまでのところ,同ファンドには2700件以上の出資依頼があったという(関連記事:一夜にして新たなソフト市場が誕生,開発者も大興奮の「App Store」)。

[KPCBのMatt Murphy氏によるブログ記事]