PR
ad insightの優位点
ad insightの優位点
[画像のクリックで拡大表示]

 アクティブコアは9月16日、行動ターゲティング型ランディングページ最適化(LPO)ASPサービスの新版「ad insight ASP V1.1」の提供を開始した。あらかじめ月額料金を決めておける料金体系を新たに導入し、Webサイトの運営予算に合わせたサービス利用を支援する。訪問者の行動履歴データを複数組み合わせる機能も導入した。

 月額料金の事前設定は、月間上限インプレッション数を決められる「インプレッション・コントロール機能」で実現する。課金対象にするインプレッション数を設定しておくと、確定した料金の範囲内でサービスを利用できる。アクセス数が増加しても毎月のコストが変動しないため、予算の見通しが立てやすくなるという。

 複数の行動履歴データを組み合わせ、優先順位を設定できる新機能により、精度の高いターゲティングを目指す。流入キーワードや訪問回数、閲覧ページのカテゴリ、属性情報、エリア情報といった複数データを参照すると表示クリエイティブの細かな制御が可能となり、ユーザー層の関心度に応じたターゲティングが行える。

 さらに、効果測定レポートにアシスト数(間接効果)の項目を追加した。

 ad insight ASPは、Webサイト利用者の閲覧履歴と行動属性にもとづき、適切な広告クリエイティブを広告主のWebサイトに自動表示するサービス。閲覧履歴を参考に属性などを自動分類するため、広告配信ルールを定義せず広告表示が行える(関連記事)。

 料金は、初期費用が10万5000円、月額費用が5万2500円(月間インプレッション数が30万imp未満)から。

■関連情報
・アクティブコアのWebサイト http://www.activecore.jp/