PR

 Linux技術者認定機関のLPI-Japanは2008年9月16日,Linuxの基礎学習用教材として「Linux標準教科書」を無償で提供開始すると発表した。Linuxを基礎から学習するための教材が欲しいという多くの教育機関からの要望に応えて作成した。

 Linux標準教科書は13章246ページで構成されている。Linuxの基礎知識や基本操作,Linuxを採用した簡単なサーバーの操作など,初心者向けの内容にしている。高校や大学,専門学校,および企業内研修において,Linuxを初めて勉強する学生や社員を指導する先生・講師が利用することを想定している。

 Linux標準教科書は,LPI-JapanのホームページにおいてPDF形式で公開されている。LPI-Japanは最新の技術動向に対応するために内容を随時更新する。加えて,利用者は誰でも参加可能な意見交換のためのメーリング・リストで教材の内容についてフィードバックできる。