PR

 米IBMは米国時間2008年9月16日,仮想デスクトップ環境におけるストレージの最適化をサポートするソリューション「IBM Virtual Storage Optimizer(VSO)」の提供を開始した。VSOにより,仮想デスクトップ・インフラ環境のストレージ要件を最大80%削減できるという。そのため,コストを抑えながら新しいクラウド・コンピューティング・モデルを活用できるほか,エネルギ効率の向上などが期待できるとしている。

 IBMによれば,仮想デスクトップの導入において,ストレージ管理の経費と複雑さが障害になっているという。VSOはこの課題に対応し,ストレージ管理にかかる時間と経費を削減しながら仮想デスクトップ環境の最適化を支援する。IBMの研究開発事業部門のIBM Researchが開発したアルゴリズムにより,仮想イメージの保存に関連する物理ストレージ要件を大幅に軽減できるようになった。

 これまでは,デスクトップ・イメージの作成に最大で30分ほどかかっていたが,このソリューションによりこの時間を数秒または数分間に短縮できる。そのため,新しい仮想マシンの作成・導入に必要な時間を75%短縮できるという。

 VSOは,リモートからインターネット対応デバイスを使ってアプリケーションや情報にアクセスできるようにするIBMの仮想インフラ・アクセス・サービス「Virtual Infrastructure Access(VIA)」向けに提供される。

発表資料へ