PR
写真 エプソンダイレクトのミニタワー型パソコン「Endeavor LX7900」
写真 エプソンダイレクトのミニタワー型パソコン「Endeavor LX7900」
[画像のクリックで拡大表示]

 エプソンダイレクトは2008年9月17日,Linuxディストリビューション「Turbolinux Client 2008」をプリインストールしたミニタワー型パソコン「Endeavor LX7900」(写真)を発売した。Turbolinux Client 2008は,ターボリナックスが2008年8月に出荷開始したばかりのディストリビューション。Endeavor LX7900には,商用ソフトをリコー製の日本語フォントと「Turboメディアプレーヤー」に絞った「Turbolinux Client 2008 Basic」というバージョンが搭載される。
 
 Endeavor LX7900は,CPUやメイン・メモリー,ハード・ディスクなどを選べるBTO形式で購入できる。最小構成時の価格は5万1450円。そのときのCPUとメイン・メモリー容量,ハード・ディスク容量はそれぞれ,1.8GHz動作のCeleron 430,512Mバイト,80Gバイトになる。

 また,幅179mm×高さ396mm×奥行き368mmと省スペース設計ながら,拡張性を高めている。フル・サイズのPCIスロットやPCI Express x16スロット,ハード・ディスク・ベイ3基などを搭載する。
 
 エプソンダイレクトは同日,クワッドコアのCPUを選択できるスリム型パソコン「Endeavor MR3500」と,Windows Home Server日本語版を搭載した省スペース・サーバー機「Endeavor SV110h」も発売した。