PR
[画像のクリックで拡大表示]
[画像のクリックで拡大表示]

 SAS Institute Japanは9月18日、流通・小売業向けの新ソリューション「SAS Revenue Optimization Suite」を発表した。商品の市場投入から在庫一層までの販売サイクルを考慮し、需要予測や収益予測などから最適な価格設定を算出できるように支援する。「過去の売れ行きやセールスプロモーションなどのデータから商品の最適な価格をシミュレーションすることで、マーチャンダイジングに“予見力”をもたらし、収益を最大化させることが狙い」(宮田靖執行役員、写真上)。

 Revenue Optimization Suiteは「Regular Price Optimization」「Promotion Optimization」「Markdown Optimization」の三つのモジュールで構成。データから商品特性を自動的にシステムが判断した上で需要予測モデル分析を行い、販売戦略に沿った最適な価格情報を提供できる機能を備える。マーチャンダイザーやバイヤーの負荷の軽減にもつながるという。「販売サイクルの各段階に合わせて各モジュールを適用ができるようにした。各段階で最適な価格を算定し、収益の向上を図ることができる」(ビジネス開発部本部の高階英治氏、写真下)。

 価格は、1モジュール当たり3000万円から。チェーン展開する専門店やアパレル、日用雑貨、ドラッグストアなどに売り込む。年間で5社程度に販売していく。