PR

 ソーシャル・メディア広告に関する標準化団体「Social Media Advertising Council(SMAC)」が米国時間2008年9月17日に発足した。大人向けソーシャル・ネットワーク・サイトを運営する米Gatherが中心となって結成し,創立メンバーとして広告代理店の米Universal McCannや米Edelmanなど,25社を超える広告会社やソーシャル・メディア企業などの代表が参加している。

 SMACは非営利団体として運営され,ソーシャル・メディアにおけるマーケティングについて共通の用語や購買単位,効果測定方法などの策定に取り組む。最初のミーティング開催は2008年10月に予定されている。

 ちなみに,調査会社の米eMarketerによれば,2009年における米国オンライン広告市場は300億ドル規模になる見込み。そのうちソーシャル・メディア広告の売上高は18億2500万ドルに達すると推定されている。