PR
図 IMS方式に基づくフェムトセルの概要
図 IMS方式に基づくフェムトセルの概要
[画像のクリックで拡大表示]

 NECは2008年9月22日,IMS(IP Multimedia Subsystem)方式に基づくフェムトセルシステムをソフトバンクモバイルから受注したと発表した(発表資料)。IMS方式に基づくフェムトセルシステムは世界初としている。

 IMS方式のフェムトセルシステムは,IMS Core,Femto GW(通信事業者側に設置されるもので,セキュリティーゲートウエイおよび認証機能を持つ装置),Femto AP(宅内に設置されるもので,携帯電話機からの電波を屋内に引き込まれているブロードバンド回線を利用して送受信できるようにする装置)から構成される。ソフトバンクモバイルでは,今年の6月に商用のIMS方式フェムトシステム構築を完了しトライアルを開始しており,2009年1月からIMS方式のフェムトセルのサービスを本格展開する予定という。

 NECによると,今回受注したIMS方式のフェムトセルシステムは,フェムトセルからの通信をSIPサーバーで構成されるIMSで独立して制御する。このため,既存携帯電話網に負荷がかからず携帯電話網全体の負荷分散になり,フェムトセルが普及してもトラフィックの増加による輻輳などを防ぐことができるとしている。

 IMS方式は,基幹ネットワークのIP化にも対応する。このため,ブロードバンド/固定網/携帯電話網に共通なネットワーク(いわゆるオールIPネットワーク)の構築が可能となる。さらに,SDP(サービス提供基盤:Service Delivery Platform)との親和性が高く,将来的にフェムトセルとホーム・サーバーとの連携による新規ビジネスの展開なども期待されるとしている。

 NECは,フェムトセルにいち早く着手し,欧州を中心に各社のトライアルに機器やシステムを提供してきた。2007年7月に設立されたフェムトフォーラム(Femto forum)のボードメンバーとしても活動している。