PR
発表会に出席した三木市長(左)
発表会に出席した三木市長(左)
[画像のクリックで拡大表示]

 長野県須坂市と須高ケーブルテレビ(本社:長野県須坂市,社長:丸山康照氏),ケーブルテレビ(CATV)向けISP(インターネット・サービス・プロバイダー)のアットネットホーム(本社:東京都港区,社長:地平茂一氏)は2008年9月22日,須坂市動物園のライブ映像などをパソコンや携帯電話機に配信するサービス「動物なにしてる?須坂市動物園てれび」を,同日に開始したと発表した。アットネットのCATVインターネットの契約者を対象に提供しているサービス「デジタルアニマルパーク」を一般のパソコンユーザーに開放し,携帯電話機でも利用できるようにしたものである(発表資料)。

 須坂市と須高ケーブル,アットネットは2005年3月に,CATVインターネット向けのサービスを開始した。同サービス開始前の2004年度に約7万4200人だった須坂市動物園の来場者は,2007年度には約23万1500人に急増し,地域の経済や観光客の誘致に大きく貢献した。こうした成果を受けてCATVインターネット向けのサービスを,一般のパソコンユーザーや携帯電話ユーザーに開放することにした。9月22日の発表会に出席した三木正夫・須坂市長(写真)は,「新サービスの提供によって動物園の来場者を増やすだけでなく,地域の情報発信力を強化していきたい」と述べた。