PR

 米Microsoftは米国時間2008年9月22日,高性能コンピューティング(HPC)市場向けサーバー「Windows HPC Server 2008」がRTM(released to manufacturing;製造工程向けリリース)版の段階に入ったことを正式に発表した。

 Windows HPC Server 2008はクラスタリング・サーバー「Windows Compute Cluster Server 2003」の後継で,生産性や拡張性,管理性の向上を図る。次期WindowsサーバーOS「Windows Server 2008」をベースに,新たな高速ネットワーキング機能や拡張性の高いクラスタ管理ツール,高度なフェイルオーバ機能,SOAジョブ・スケジューラなどを追加する。

 OpenMPやMPIといった標準インタフェースへのサポートに加え,他社の数値計算ライブラリ・プロバイダ,パフォーマンス最適化ツール,コンパイラ,デバッギング・ツールキットに対応する。

 また,企業が一般的に使っている「Office Excel」や「Office SharePoint Server」との統合を可能にする開発ツール,既存のシステム・インフラを含めた管理および導入を簡素化する機能なども提供する。

 Microsoftは,これまでHPCと無縁だったユーザー,開発者,管理者の生産性向上にも焦点を当て,Windows HPC Server 2008によってHPCを主流に押し上げたいとしている。

 Windows HPC Server 2008は昨年11月にベータ版を公開し,英Lloyds TSB Bankや米Morgan Stanleyといった金融機関が早期評価プログラムに参加していた。また,米IBM,米HP,米Intel,米Dell,米Crayなどの技術企業が対応を表明しており,CrayはWindows HPC Server 2008搭載の小型スーパーコンピュータ「Cray CX1」を投入する予定。

 Windows HPC Server 2008の米国での予想小売価格は1ノード当たり475ドル。評価版を同社Webサイトからダウンロードできる。Cray CX1の米国予想小売価格は2万5000ドルから。

[発表資料へ]