PR

 米Intelと米Oracleは米国時間2008年9月23日,企業向けクラウド・コンピューティング分野で協業すると発表した。中心テーマとして効率化,セキュリティ強化,標準化を掲げ,企業へのクラウド・コンピューティング普及を目指す。

 効率化の成果として,サーバー仮想化ソフトウエア「Oracle VM」,仮想化技術「Intel Virtualization Technology(VT)」,オープンソース仮想化ソフトウエア「Xen hypervisor」を組み合わせたところ,「Intel Xeon」プロセサ上の仮想化環境で「Oracle Database」の処理性能が17%向上したという事例を挙げた。Intelは今後も新たなサーバー用プラットフォームを投入するほか,Oracleと協力してパフォーマンス/エネルギー効率改善につながるソフトウエアの最適化を進める。

 セキュリティ面では,クラウド内の仮想マシン上で安心して機密データを扱える環境の実現を目指す。Oracle製ソフトウエアとデータ暗号化技術との組み合わせを強化するなど,共有クラウドでのデータ保護に取り組む。

 両社は他社とも協力し,仮想マシン用イメージ・フォーマット「Open Virtual Format(OVF)」の標準化や,クラウド対応サービス向けプロビジョニング/管理用Webサービス標準の策定といった活動を行う。

[発表資料へ]