PR

 スカイパーフェクト・コミュニケーションズとマイクロソフトは2008年9月30日,インターネットを活用したコンテンツ配信分野で業務提携し,スカイパーフェクトが提供する多チャンネル放送サービスの各チャンネルのコンテンツを,マイクロソフトが提供するOSである「Windows Vista」のプレミアムエディションの標準搭載機能である「Windows Media Center」向けに配信する有料サービス「スカパー!Netてれび」を同日の12時30分に開始したと発表した(発表資料)。

 スカパー!Netてれびの開始に伴い,ニューズ・ブロードキャスティング・ジャパンが提供する「ナショナル ジオグラフィック チャンネル」や「Baby TV こどもえいごチャンネル」,サテライトカルチャージャパンが提供する「囲碁・将棋チャンネル」,DIXEOが提供する「パチ・スロ サイトセブンTV」の4チャンネルを追加する。さらに2008年12月にはウォルト・ディズニー・ジャパンが提供する「ディズニー・チャンネル」を追加する予定だ。

 スカイパーフェクトとマイクロソフトの業務提携によって,スカパー!Netてれびのユーザーは専用プログラム(スカイパーフェクトの公式Webサイトから無料ダウンロードが可能)を使うことにより,Windows Media Centerの機能である「メディアオンライン」から簡単にアクセスすることができる。またNECと富士通,東芝の2009年春モデル以降の機種ではスカパー!Netてれびに必要なプログラムがプレインストールされるため,簡単な操作のみでサービスを利用できる。決済手段としては,クレジットカードのほか,EdyやモバイルSuicaなどの電子マネーも利用できる。スカイパーフェクトとマイクロソフトは,パソコン向けに有料コンテンツを配信するという形態で,インターネットと放送の連携における分野で協力し順次コンテンツを拡大する計画である。