PR
写真●マイクロソフト執行役常務ビジネス&マーケティング担当の佐分利ユージン氏
写真●マイクロソフト執行役常務ビジネス&マーケティング担当の佐分利ユージン氏
[画像のクリックで拡大表示]

 マイクロソフトは2008年10月2日,クラスタリング・サーバーの新製品「Windows HPC Sever 2008」の日本語版を発表。同日から提供を開始した。技術計算や製造業といった従来からの市場に加え,金融サービス市場への展開も図る。企業ユーザー向けボリューム・ライセンスの参考価格は9万1400円。

 Windows HPC Server 2008は,クラスタリング・サーバー「Windows Compute Cluster Server 2003」の後継製品となる。「Windows Compute Cluster Server 2003では4~8ノードを主なターゲットとしていた」(マイクロソフト執行役常務ビジネス&マーケティング担当の佐分利ユージン氏,写真)のに対し,数百を超えるノード数のクラスタでも構築できるよう大幅に強化した。CPUのマルチコア化で数千CPUコアを超えるような大規模環境への導入が可能となったことに伴い,製品の名称をHPC(ハイ・パフォーマンス・コンピューティング)へ変更した。

 Windows HPC Server 2008は,WindowsサーバーOSの「Windows Server 2008」をベースに,大規模環境を効率的に稼働するための機能を追加した。具体的には,数百を超える計算ノードに対してアプリケーションやパッチを一度に展開する機能や,大量のノードやジョブを視覚的に管理できるツールなどを追加した。また,プロセッサ・レベルや計算ノード・レベルでの計算ジョブを,レベル単位でコントロールできるジョブ・スケジューラを搭載した。

 佐分利ユージン氏は,同製品の既存Windows環境との互換性のよさや,1ノードあたり10万円以下の低コストを強調し,特に金融サービス業界での普及拡大へ期待を示した。同氏によると,金融サービス業界向けのサーバー市場は年率60%で急成長しているという。たとえば,Visual Studioで開発したアプリケーションの一部をWindows HPC Server 2008のノード上に置いて,ユーザー側のパソコンで処理するには負荷の高いリスク分析などの計算をHPC Serverに処理させるといった使い方ができる。

 今回の発表会には,Windows HPC Server 2008のパートナーとして伊藤忠テクノソリューションも同席した。同社金融システム事業グループ役員の藁科至徳氏によると,同社が開発する「金融機関向けリスク管理システムにおいて近年,Windows環境のニーズが高まっている」という。また同氏はWindows HPC Server 2008について,「金融システムのコアであるHPCサーバー部分に掛かるコストを大幅に削減できる」として,関連アプリケーションや新規システムの開発に意欲を示した。

[発表資料へ]