PR

 米Appleの携帯電話「iPhone」関連のソフトやコンテンツを手がける米raven.meは,Barack Obama氏の米国大統領選挙キャンペーンを支援するiPhone向けアプリケーション「Obama '08 for iPhone」をリリースした。Appleのデジタル・コンテンツ配信サービスである「iTunes Store」を通じて無償でダウンロード提供している。

 同アプリケーションは,Obama氏を支持するボランティアが,大統領選キャンペーンを支援するための各種機能を用意する。「Call Friends」機能は,有権者に電話勧誘を行う場合,コンタクト・リストの知人や友人を戦略的に重要な州ごとに分類して表示する。「Call Stats」機能では,個人情報を排除した勧誘電話データの全米統計などを閲覧できる。

 また地元の選挙キャンペーン事務所を検索する「Get Involved」や,電子メールやテキスト・メッセージで最新の声明文や選挙戦ニュースを受信する「Receive Updates」,キャンペーンに関する写真やビデオを閲覧する「Media」,Obama氏とJoe Biden氏の各分野における政策方針などを表示する「Issues」などの機能を備える。

 同アプリケーションは,「iPhone 2.0」を搭載したiPhoneと「iPhone 3G」および「iPod touch」で利用可能。

 Obama氏は,インターネットを最大限に活用した選挙キャンペーンを展開していることで知られている(関連記事:米大統領選とインターネットの関係とは? オバマ氏の選挙戦を支えるネット戦術)。

[発表資料へ]