PR

 米Microsoftは,2008年10月末の開発者会議「Professional Developers Conference(PDC)2008」でインターネット・ベースのOS「Windows Cloud」を発表すると認めた。このところ同社の関係者は,「今年のPDCはこのクラウドOSが中心になる」と繰り返し発言してきた。

 MicrosoftのCEO,Steve Ballmer氏は10月1日,英国のロンドンで「われわれはクラウド用に設計した新たなOSを必要としている。約4週間後に発表する予定だ」と話した。「発表までに名前を明らかにするつもりだが,本日はとりあえず『Windows Cloud』と呼ぶことにする。『Windows Server』の見た目は『Windows』とよく似ているが,新たな特徴や機能を備えている。これと同様,Windows CloudもWindows Serverとよく似たものになる」(Ballmer氏)

 Windows Cloudの開発はかなり前から行われていた。現在Microsoftが表に出している分かりやすいクラウド・プラットフォームは,同社CTOのRay Ozzie氏が推した「Live Mesh」プロジェクトである(関連記事:Microsoft,クラウド・コンピューティング基盤「Live Mesh」をベータ公開)。PDCの紹介文によると,「Microsoftのクラウド・プラットフォーム」は「拡張性と可用性が高く」,「サービスの分離と保護が可能」という。

 Microsoftは,公式声明でWindows Cloudの存在を認めた。「ソフトウエア+サービス戦略の目標を達成するため,投資をクラウド・プラットフォームに集中させている。その理由は,このプラットフォームが顧客の要望に応えるソリューション群のサービス提供基盤と関係するからだ。顧客,パートナ,様々な開発コミュニティから多くの協力を得て,拡張可能なサービス・プラットフォームに寄せられる要望の把握に努めている」(同社の公式声明)

 この数年,Microsoftは急がず周到にクラウド・コンピューティングを取り込もうとしてきた。今回,同社がインターネット・クラウドで動くWindowsを開発中と認めたことで,反対意見は一掃される。Ballmer氏は「インターネット・クラウド内のWindowsというサービスを作った」と述べた。

 Ballmer氏ならそうするはずだ。