PR

 米Microsoftは米国時間2008年10月6日,データベース管理ソフト「SQL Server」の次期版「Kilimanjaro」(開発コード名)に搭載予定のBI(ビジネス・インテリジェンス)機能などについて,米国シアトルで開催中の「Business Intelligence Conference 2008」で発表した。同社は,「WordとExcelの使い方を知っていれば,当社のBI機能を使える」とアピールしている。

 Kilimanjaroは,SQL Server 2008のBI機能を強化しながら,大規模なBIの導入をサポートするデータ・プラットフォームを提供する。セルフサービス分析機能「Project Gemini」(開発コード名)やセルフサービス型レポート機能のほか,開発中のデータ・ウエアハウス機能「Madison」(開発コード名)などの搭載を予定している。これらの機能により,社内IT部門への依存度を抑えながら情報ワーカーがBI機能を利用できるようにすることで,意思決定の促進を支援する。

 Geminiは,マネージド・セルフサービス向けの分析ツール・セットである。このツール・セットにより,情報ワーカーが独自のBIアプリケーションやアセットを作成し,Officeツール内で共有したり,コラボレーションしたりできるようになる。

 データ・ウエアハウス機能を提供するMadisonは,同社が先ごろ買収したデータ・ウエアハウス向けアプライアンス・ベンダーのDATAllegroの技術を導入している。同ソリューションにより,数百テラバイトのデータや数千人のユーザーが同時に使用するデータ・ウエアハウスを構築できるようになるとしている。

 Kilimanjaroは,今後12カ月内にCommunity Technology Preview(CTP)版がリリースされる予定。製品版は2010年上半期に出荷される見通しとなっている。また,MadisonのCTP版は今後12カ月以内にリリースされる。

発表資料へ