PR

 青少年が安心してインターネットを利用できる環境作りを目指す民間の協議会である「『安心ネットづくり』促進協議会」は2008年10月8日に東京都内で発起人総会を開き,設立の目的と今後の取り組みについて発表した。

 同協議会はインターネットの現状について,国民生活に必要不可欠な存在となった一方で,違法・有害情報など多くの問題点を抱えていると指摘した。こうした問題点を規制によって押さえつけるのではなく,利用者の教育やフィルタリング・レイティングといった民間による自主的な取り組みによって解決することを目指す。発起人には井上雅博ヤフー社長,小野寺正KDDI社長,笠原健治ミクシィ社長,清原慶子・三鷹市長,曽我邦彦・日本PTA全国協議会会長,樋口泰行マイクロソフト社長など,幅広い分野のメンバーが名を連ねている。

 協議会は,(1)総合的なリテラシー向上の推進,(2)民間による自主的取り組みの促進,(3)利用環境整備に関する知見の集約――といった活動に取り組む計画である。今後,随時会員を募集ながら2009年1月に設立総会を開催し,役員を選出する。その後,具体的な活動内容を検討し,2009年4月より事業を開始する予定である。