PR
写真 緊急時指揮支援システムの「AGADIS」
写真 緊急時指揮支援システムの「AGADIS」
[画像のクリックで拡大表示]

 NTTデータは危機管理対策製品やサービスの総合展示会「危機管理産業展 2008(RISCON TOKYO)」において、緊急時指揮支援システムの「AGADIS」を展示している。AGADISはコンピュータを利用し、災害や事故など非常時に関連スタッフがどのような行動を取るべきかを指示するシステム。

 肝となるのは非常時のシナリオである。グラフィカルな画面で、緊急時の条件や行動、通知する関係者などを設定する(写真)。AGADISの価格はサーバーが700万円(税抜き)。クライアントは5ユーザーで80万円(同)。シナリオの策定はコンサルティングベースとなり、約500万円。

 AGADISはNTTデータが今年4月に発表した。現在のところNTTグループへの展開を予定しており、自治体や一般企業にも提案している。ベンチャーのレスキューナウが提供する非常情報サービスをトリガーにしたメニューも用意する。

 危機管理産業展 2008は10月10日金曜日の午後5時まで東京ビッグサイトで開催している。