PR

 TBS(東京放送)は2008年10月9日,米ABCの人気番組「Wipeout(ワイプアウト)」の制作会社である米Endemol USAを相手取り,番組の差し止めと損害賠償を求め,10月8日(現地時間)にカリフォルニア連邦地方裁判所に提訴したと発表した。提訴の理由は,Endemol USAが制作したWipeoutが,TBSの「風雲!たけし城」や「SASUKE」,「KUNOICHI」と番組コンセプトや演出方法が酷似しており,著作権侵害に当たるというものである。ABCに対しては,すでに10月6日(現地時間)に番組の差し止めと損害賠償を求めて提訴している。(発表資料

 WipeoutはABCが2008年6月から毎週火曜日のプライムタイム帯(午後8時~9時)で放送を開始した番組である。一般の視聴者が屋外に設置されたさまざまなゲームアトラクションにチャレンジするという内容で,放送開始以降,視聴率で放送日の全局番組中トップとなるなど,ヒット番組となっている。この番組は,オランダEndemolの米現地法人Endemol USAが制作し,Endemolが「Wipeout」の放映権とフォーマット権(Wipeout各国版の制作・放映権)の海外販売を手掛けている。

 1980年代後半に日本で大ヒットしたTBSの「風雲!たけし城」は海外でも人気が高く,TBSは既に50を超える国々にライセンス販売している。アメリカでも「MXC:Most Extreme Elimination Challenge」という番組名で,2003年から英語の吹き替え版が放送されており,そのフォーマット権もアメリカを始めとする10カ国以上にライセンス販売されている。また「SASUKE」と「KUNOICHI」のアメリカ版“Ninja Warrior”も2006年以降放送されている。

 TBSは「Wipeoutは,これらTBSの各番組の持つ基礎的な構造から番組のフォーマット,イベントの流れ,ナレーション,多くの障害物コースや撮影方法,音楽の効果に至るまで,多岐にわたって酷似している。海外へも積極的に販売しており看過できないと判断し,米ABCに続きEndemol USAの提訴に踏み切った」としている。