PR

 富士通は2008年10月15日、アプリケーションのライフサイクル管理を支援するソフトウエア製品を発売すると発表した。アプリケーションの開発プロセス全体を“見える”化することで、プログラム変更時の影響を即座に把握したり、トラブル発生時の原因を発見したりするのに効果がある。

 新たに発売するのは「Interstage Application Development Cycle Manager」と「Interstage Software Quality Analyzer」の2製品。前者は2008年10月末、後者は2009年度第1四半期に出荷を開始する予定。

 Interstage Application Development Cycle Managerは、要件定義、設計、開発、テスト、リリースまでのアプリケーション開発プロセスを一括して管理できるようにする。進捗管理、変更、リリース時期などの履歴を残すことで、各システム要件に対して誰が変更を指示したのか、ソースがどのように変更されたのかを即座に把握できる。リリース後にトラブルが発生した際には、開発プロセスの中で変更があったソースや仕様書から問題箇所を特定でき、速やかに問題解決に当たれる。

 一方のInterstage Software Quality Analyzerは、既存アプリケーション資産のプログラム構造を可視化するソフト。プログラム、データベース、ファイルの依存関係をツリー構造にして、評価・分析することができる。

 価格はInterstage Application Development Cycle Managerが税別200万円から、Interstage Software Quality Analyzerが同150万円から。