PR
写真●協業を発表するセールスフォースの宇陀栄次社長(右)とOBCの和田成史社長(左)
写真●協業を発表するセールスフォースの宇陀栄次社長(右)とOBCの和田成史社長(左)
[画像のクリックで拡大表示]

 セールスフォース・ドットコムとオービックビジネスコンサルタント(OBC)は2008年10月15日、事業面の協業を発表した。セールスフォースのSaaSである「Salesforce CRM」とOBCのERP(統合基幹業務)パッケージ「奉行 V ERPシリーズ」との間でデータを共有したり業務プロセスを連携したりできるようにする。両社の既存顧客を相互に紹介するなど、販売面での連携も強める。

 セールスフォースの狙いは中堅・中小企業に向けた販路の獲得だ。「日本の中堅・中小企業は食わず嫌いが多い」。同社の宇陀栄次社長は、こうぼやく(写真右)。日本郵政グループの郵便局会社が採用したことで、大企業向けのイメージ構築には成功した。次のターゲットである中堅・中小企業を攻略する足がかりとして、40万社に上るOBCの既存顧客は魅力的というわけだ。

 一方のOBCにとっての狙いは、パッケージ販売主体の事業モデルをSaaS主体へ再構築する足がかりとすること。OBCは最新版の奉行 Vで、各種の辞書データをネット経由で更新する機能を搭載した。来年4月にはSaaS事業をさらに強化する。そのときに備えて、OBC自身に加えて600社に上るパートナー企業にSaaS事業のノウハウを蓄積する。「ネットワークに奉行シリーズをとけ込ませる。急には難しいが、徐々に変化させていく」と同社の和田成史社長は語る(写真左)。

 両社は今後、奉行とSalesforce CRMの間でデータを共有するためのアダプタを開発する。さらにセールスフォースのSaaS開発基盤「Force.com」を使った機能拡張も予定している。