PR

スペックはネットブックとして標準的

 CPUは、Atom N270を採用している。また、メモリーも標準で1GBで、増設はできない。他のネットブックと共通の部分であり、性能的には“並”としかいいようがない。もちろん、Windows XPを利用するには、十分なパフォーマンスだ。

 特徴的なのは、HDD容量が160GBもある点。ネットブックとしては最大級なので、ソフトを大量にインストールしても問題なく使える。また、外出先でフォトストレージとして利用するのにも十分だ。ちなみに、メモリーカードの対応はSDカードのみとなる。まあ、最近は他のカードを使うカメラが減っているので、あまり困ることはないだろう。とはいえ、メモリースティックにこだわるソニーのコンパクトデジカメのユーザーなどは要チェックだ。

SDカードスロットを搭載するので、デジカメの写真をためられる
SDカードスロットを搭載するので、デジカメの写真をためられる
[画像のクリックで拡大表示]

 液晶は、8.9型ワイドで1024×600ドットの解像度だ。ネットブックとしては標準的なタイプで、画質も十分だ。見た感じでは200カンデラ程度で、Webを見るには文句なしの画質だ。ただし、画面が広いとは言えず、縦方向の解像度は狭いので、ズームなどの機能を充実させてほしかった。

液晶は、8.9型ワイドを採用し、1024×600ドット。ネットブックとしては中級クラスで、明るさや画質も他社と同程度だ
液晶は、8.9型ワイドを採用し、1024×600ドット。ネットブックとしては中級クラスで、明るさや画質も他社と同程度だ
[画像のクリックで拡大表示]

 拡張性は、他のネットブックと大差ない。USB端子を3基内蔵し、使いやすいように左右に振り分けている。右が2基、左が1基だ。左の1基はパワーオフUSB充電に対応するのが、目新しいところではある。HDMIなどの端子は望むべくもないが、モバイル時の使い勝手を考えるとBluetoothを搭載してほしかった。

 Webカメラは130万画素と、クラス上のパーツをチョイス。また、スピーカーの出力も左右1W確保しており、A4ノート程度の音質は確保している。

Webカメラは131万画素と、ネットブックにしては高性能。液晶のフチが分厚いのは、やや不格好だ
Webカメラは131万画素と、ネットブックにしては高性能。液晶のフチが分厚いのは、やや不格好だ
[画像のクリックで拡大表示]