PR

 Android用のアプリケーション配布を行うサービス「Android Market」をG1端末で使ってみた。ランチャからAndroid Marketのアイコンを選択すると,起動する(写真1)。

 最初に起動されるのは,アプリケーションかゲームかを選択する画面。アプリケーションを選ぶと,さらにコミュニケーション,娯楽,金融,ライフスタイル,マルチメディア,生産性向上,旅行,ニュースなどのカテゴリが並んだ(写真2)。

 さらにこれらのカテゴリのいずれかを選ぶと,そのカテゴリに属するアプリケーションの一覧が表示された(写真3)。アプリケーションは人気のある順と,最新のもの順の二つのソートができるようになっていた。

 さらにアプリケーションを選択すると詳細が書かれたページが現れた(写真4)。このページの下にあるインストール・ボタンを押すと,ファイルのダウンロードが開始され,自動的にインストールが完了する。

 以上のように,使い勝手は米アップルがiPhoneとiPod Touch用に用意するアプリケーション販売サービス「App Store」とほぼ同じだ。なお,販売されているアプリケーションの大半は,Android Developer Challengeの入賞作で占められてた。

写真1●アプリケーションのランチャ。Android Marketは左下にある
写真1●アプリケーションのランチャ。Android Marketは左下にある
[画像のクリックで拡大表示]
写真2●アプリケーションのカテゴリを選ぶ画面
写真2●アプリケーションのカテゴリを選ぶ画面
[画像のクリックで拡大表示]
写真3●アプリケーションの一覧
写真3●アプリケーションの一覧
[画像のクリックで拡大表示]
写真4●アプリケーションの詳細説明画面
写真4●アプリケーションの詳細説明画面
[画像のクリックで拡大表示]