PR
写真1●T-Mobile G1の背面を開けたところ
写真1●T-Mobile G1の背面を開けたところ
[画像のクリックで拡大表示]
写真2●NTTドコモのSIMカードを挿して起動したところ。「Dismiss」を押すと,携帯電話網とは接続しない状態で起動した
写真2●NTTドコモのSIMカードを挿して起動したところ。「Dismiss」を押すと,携帯電話網とは接続しない状態で起動した
[画像のクリックで拡大表示]

 入手した「T-Mobile G1」でSIMカードを抜いた状態で動作するかを調べてみた(写真1)。T-Mobile G1を評価用に購入し,無線LANだけで動作させられるかを知るためだ。

 このT-Mobile G1は,2年間の契約拘束がないプランで購入した。その場合のT-Mobile G1の価格は,399.99ドルである(関連記事)。

 さて結果は,SIMカードの挿入を求められる画面が出ることもなくあっさり起動した。当然,電話などは利用できないが,インターネット経由のサービスはすべて利用できるようだ。ただし,日本国内で米国の無線LAN機器を利用する場合,日本での機器認定がないため電波暗室などの環境で利用する必要がある。

 次に,日本国内の通信事業者で使えるか,試しにNTTドコモのSIMカードを挿して起動してみた(写真2)。SIMロックの状況を調べるためだ。しかし結果は,やはりSIMロック解除のパスワードを要求する画面が現れた。もちろん,パスワードは分からない。ここで「Dismiss」を選択すると,無線LANだけに接続した状態で起動した。

 なお,無線LANを含むT-Mobile G1の機能を使うには,購入後の初期画面において,T-Mobile USAのネットワーク経由でGmailアカウントを使ったアクティベーションを実施する必要がある(関連記事)。最初からSIMカードなしで,無線LAN機能が使えるわけではない。

■変更履歴
誤解が生じやすいため,無線LAN機能を使うには,最初にGmailアカウントによるアクティベーションが必要である点を追記しました。 [2008/10/24 19:25]