PR
写真1●Windows Azureではサーバーではなくサービスを管理する
写真1●Windows Azureではサーバーではなくサービスを管理する
[画像のクリックで拡大表示]
写真2●ユーザーはサービスをXMLでモデリングする
写真2●ユーザーはサービスをXMLでモデリングする
[画像のクリックで拡大表示]

 WindowsベースのクラウドOS「Windows Azure」で,ユーザーは利用したいサービスを,XMLを使ってモデリングする--。PDC初日の米国時間2008年10月27日に明らかになった。Windows Azureは米MicrosoftのWindowsベースのクラウドOS。物理的なサーバーについてユーザーが意識することはなくなる。必要に応じて,利用する処理能力は柔軟に拡張できる。このため,ユーザーはサーバーではなく「サービス」を管理するように変わるという。

 ユーザーは,自分の利用したいサービスについて,役割やグループ,チャネルとエンドポイント,インタフェース,設定といった情報を「モデリング」する(写真1)。このモデリングはXMLを使って記述する(写真2)。

 初日のキーノートでは,このモデリング作業を支援するための次世代モデリング・プラットフォームを「Oslo」と呼ぶ開発コード名で開発中であることも明らかにした。このOsloでのモデリングこそが,「ニューランゲージになる」(Server and Tools Business担当副社長のBob Muglia氏)という。