PR
写真●ミクシィの笠原健治社長
写真●ミクシィの笠原健治社長
[画像のクリックで拡大表示]

 ミクシィは2008年10月28日、はがきによる年賀状送付サービス「ミクシィ年賀状」を11月下旬に開始すると発表した。郵便事業会社(日本郵便)、博報堂DYメディアパートナーズとの連携で提供する。住所を知らないマイミクシィ(マイミク)や同じコミュニティに参加する知人に、お年玉付き年賀はがきで年賀状を送付できる。

 利用料金は1通当たり98円。ミクシィではイラストレータの絵やアニメ/ゲームのキャラクターを利用した「テンプレート」を提供する。ユーザーはテンプレートを選択して年賀状を作成できる。テンプレートには広告付きの「スポンサードテンプレート」も用意。広告付きでは通常よりも50円安い1通当たり48円で年賀状を送付できる。現在、スポンサーにはトヨタ自動車など数社を予定しているという。

 年賀状を受け取る側には、年賀状の送付確認メッセージがミクシィを通じて送られる。年賀状を受け取る場合は住所や氏名を入力すると、年賀状を郵送で受け取れる。年賀状の送付を拒否することも可能。年賀状の受け取り手は送り手に本名や住所を知らせる必要がないため、インターネット上の友人と安心して年賀状のやり取りができるとする。なお、送り手が相手の住所を知っている場合は、送り手側が住所を入力して郵送できる。

 ミクシィ年賀状を利用できるのはパソコンからのみで、携帯電話からは利用できない。ユーザーが登録した住所は「当面は年賀状の送付のみに利用するが、後々は別のサービスに利用する可能性はある。住所入力時の免責事項にもそのことは書いている」(笠原健治社長、写真)とした。現時点では、住所を消去するオプション設定は用意していないという。