PR
写真1●Windowsの開発を率いるスティーブン・シノフスキー上級副社長
写真1●Windowsの開発を率いるスティーブン・シノフスキー上級副社長
[画像のクリックで拡大表示]
写真2●Wordのジャンプリスト
写真2●Wordのジャンプリスト
[画像のクリックで拡大表示]
写真3●Windows Live Messengerのジャンプリスト
写真3●Windows Live Messengerのジャンプリスト
[画像のクリックで拡大表示]

 米マイクロソフトは2008年10月28日、次期OSの「Windows 7」の概要を公開した。初披露だけに公開した内容は見た目重視。開発を率いるスティーブン・シノフスキー上級副社長(写真1)は「利用状況に応じて適切にユーザーを導けるよう、シナリオを想定してWindows 7を開発している」と説明した。

 その一つが、新たに追加される「ジャンプリスト」である。これは、タスクバーにあるアイコンを右クリックして表示するメニューからアプリケーション固有のコマンドを実行する機能である。いわば「アプリケーションごとのミニスタートメニュー」(シノフスキー上級副社長)といえるものだ。

 デモでは、Wordのアイコンを右クリックすると最近開いた文書の一覧を表示する例を示した(写真2)。このジャンプリストの内容は、それぞれのアプリケーションごとにカスタマイズ可能。例えばWindows Live Messengerの場合はメッセージの送信や在席状況の変更といったコマンドをジャンプリストに表示する(写真3)。