PR
[画像のクリックで拡大表示]

 日本テレビ放送網は2008年10月30日,サザンオールスターズの人気楽曲をモチーフとした連続ドラマ「the波乗りレストラン」(2008年11月1~9日に放送)において,携帯端末向け地上デジタル放送「ワンセグ」に対応する携帯電話機に確認メッセージを各話の放送開始直前に自動表示するサービスの実証実験を,10月29日に開始したと発表した(発表資料)。

 実験では,まずワンセグ対応携帯電話機ユーザーが「the波乗りレストラン」の携帯サイトで居住エリア(視聴エリア)を選択した後に,見たい番組の視聴予約を行って,携帯電話機の「ワンセグ起動スケジュール機能」に登録する。放送開始時間の直前になると,アラームが鳴ると共にワンセグ起動のメッセージが表示されるため,視聴者は番組を見逃さずに視聴できる(図)。対応機種は,NTTドコモの端末と,auの一部の端末である。

 日本テレビは2008年7月19日~同年8月31日に開催したイベント「GO!GO!SHIODOME ジャンボリー」において,ワンセグ対応携帯電話機をかざすだけで「高校生クイズ」の番組視聴予約が可能なサービスの実証実験を行った。今回はこれを応用する。日本テレビは,「全国各地で独自編成を行うネットワーク各社の放送にも対応する日本で初めての試みとなる」としている。同社はこの実験を通じて,普及が進むワンセグ対応携帯電話機向けの放送局としての新しいサービスの実現の可能性を探る。