PR

 米Sun Microsystemsは米国時間2008年10月31日,同社の最新UNIXとなる「Solaris 10 Operating System 10/08」を発表した。ファイル・システム「Solaris Zettabyte File System(ZFS)」と仮想化機能の強化,米Intel製プロセサ向けの最適化などを実施した。Sun製サーバーなどへの搭載やWebサイトでのダウンロード提供を既に始めている。

 ZFSの新バージョンは完全にSolaris 10のディザスタ・リカバリ機能と統合し,データ保全性を高めた。任意の構成のシステムで独立したファイル・システムとして利用できるようになり,ブート用ファイル・システムやrootファイル・システムとしても使える。

 パーティショニング機能「Solaris Containers」といった仮想化機能を強化し,Solarisシステム間で処理負荷のマイグレーションを容易にする新機能などを追加した。設定の異なるシステムの間でマイグレーションする際の管理作業が効率化するという。また,Intelアーキテクチャへの最適化に取り組み,Solarisをプロセサ製品系列「Xeon」の最新モデル上でも利用可能とした。

 旧版との互換性を維持しており,ハードウエア/ソフトウエアの追加購入や既存アプリケーションの変更などを行うことなく,容易にアップグレードできるという。

[発表資料へ]