PR
[画像のクリックで拡大表示]

 ノルウェーのOpera Softwareは現地時間2008年11月11日,携帯電話向けWebブラウザの新版「Opera Mini 4.2」のベータ版を公開した。OperaのWebサイトから無償でダウンロードできる。Opera Miniの月間ユニーク・ユーザー数は2000万人を上回っているという。

 新版は,新しいスキンを追加したほか,動画共有サービスの「YouTube」やその他のモバイル・ビデオ・サービスのサポートを改善した。また,設定内容などをオンライン管理するサービス「Opera Link」では,携帯電話とパソコンの間においてブックマークとサイトの訪問履歴に加え,メモも同期できるようになった。

 ベータ版の公開にあわせて,Operaは米国にOpera Mini用のサーバー・パークを追加した。そのため,米国およびアジア太平洋地域のOpera Miniユーザーによるブラウジング速度が向上するという。

 また,Operaは同日,台湾に新しいオフィスを設置したと発表した。新オフィスの開設は,同市場におけるプレゼンスの拡大を狙ったもの。同社はすでに,Webブラウザについて台湾の地元企業であるHTC,ASUSTek,Alpha Networks,ZyXELなどと提携関係にある。

発表資料(1)
発表資料(2)