PR
写真●Atom搭載のパネル・コンピュータ.
写真●Atom搭載のパネル・コンピュータ.
[画像のクリックで拡大表示]

 NECは,POS端末やオーダー端末などの用途を想定してタッチ・パネル型液晶を組み込んだパネル・コンピュータの新機種として,CPUに組み込み型CPUのAtomを採用してファンレス構造とした製品を,2008年11月11日から開催中のiEXPO2008で展示した(写真)。2008年10月にかけて出荷を開始したばかりの新製品であり,展示は初めてという。

 展示したパネル・コンピュータは,12型液晶を搭載した「12PNC-W2/B2」(白/黒)と,15型液晶を搭載した「15PNC-W2/B2」である。最大の特徴は,CPUに携帯デバイスへの組み込み用途を想定して消費電力と発熱を抑えたx86系CPUであるAtom(1.6GHz動作のAtom Z530)を採用した点。これによりファンレス構造を実現している。きょう体にエアフロー用のスリットを備えないため,過酷な環境下での利用に適するとしている。消費電力は,12インチ・モデルで標準23ワット,15インチ・モデルで標準28ワット。

 主な仕様は以下の通り。液晶の大きさは,12インチまたは15インチ。解像度は1024×768ドット。メモリー容量は512Mバイトまたは1Gバイト。ストレージは容量80Gバイトのハードディスクか,あるいは容量1Gバイトまたは4GバイトのCF(コンパクト・フラッシュ)カード。OSはWindows XP EmbededまたはWindows Vista Business Embeded。本体に音声出力用モノラル・スピーカを内蔵する。外部I/Oインタフェースは,USB2.0×4,シリアル(RS-232C),音声出力。