PR

 NHKは2008年11月12日,12月1日より開始予定の見逃し視聴サービス「NHKオンデマンド」の利用料金を発表した。中心価格は単品315円(税込み,以下同じ),「見逃し番組」1カ月見放題パックが1470円である(発表資料)。

 「見逃し番組」の単品番組は,ドラマやドキュメンタリー,歌番組を中心に315円で提供する。「ペット相談」や「きょうの料理」など30分以下の教養番組は210円で,連続テレビ小説「だんだん」や「時論公論」を105円で提供する。見逃し番組が見放題になる「『見逃し番組』1カ月見放題パック」は,月額1470円で提供する。

 過去の放送番組を揃える「特選ライブラリー」の単品販売は,見逃し番組の単品販売同様1本315円を基本とし,作品によっては210円,105円で提供する。

 このほか,シリーズ番組を複数話まとめて販売する場合は,本数や内容によって単品価格から15%~25%引きの「パック割引」を設定する。

 NHKは今回発表した利用料金について,「市場調査をもとにユーザーに受け入れられやすい価格帯を算定し,採算性を考慮して設定した」としている。

 なお総務省は同日,NHKオンデマンドサービスの実施に必要な業務基準の申請を認可した(関連記事)。