PR

 米Googleの子会社で動画投稿サイト「YouTube」を運営する米YouTubeは2008年11月24日(現地時間),Webサイトの横幅を拡張し,動画の表示画面を横長にしたと開発者ブログで明らかにした。

 Webサイト全体の横幅を960画素に拡張し,動画の表示ウィンドウのアスペクト比(横と縦の比)が16:9のワイド表示に変更した。最近増加しているワイド画面のコンテンツの表示に適しており,「よりきれいに,迫力のある視聴体験を提供できる」(YouTube)と説明している。画面のアスペクト比が4:3の従来のコンテンツを視聴する場合は,表示画面の両側に黒いマスクがついた状態で表示する。