PR

 米航空宇宙局(NASA)は米国時間2008年11月26日,次世代ロケット「Ares」の開発状況を伝える動画を,米Appleのコンテンツ配信サービス「iTunes」で公開したと発表した。初期の構想段階から現在に至るまで,設計,開発,テストの様子を動画で知ることができる。

 Aresは,NASAが開発中の次世代宇宙ロケット。人員輸送用の「Ares I」と資材輸送用の「Ares V」の2種類があり,月探査や将来の火星探査も視野に入れて開発を進めてきた。2015年には,スペースシャトルの後継となる有人宇宙船「Orion」をAres Iで打ち上げ,宇宙飛行士を国際宇宙ステーションに運ぶ予定。

 NASAでは,開発の進展状況をNASA内で共有し,記録を後世に残すために,動画による開発レポートを2006年8月から四半期ごとに作成してきた。今回,開発状況を一般に広く知ってもらう目的で,これまでに作成したレポートすべてをiTunesで公開することにしたという。公開した動画は全部で10本,それぞれ長さは5~15分。アクセス用のURLは,http://itunes.apple.com/WebObjects/MZStore.woa/wa/viewPodcast?id=296275310

[発表資料へ]