PR

 イー・モバイルは2008年11月27日,データ通信サービスの新料金プラン「スーパーライトデータプラン(にねん2480)」を追加すると発表した。2年間の継続利用を前提に初期費用を5万9520円割り引くもので,高価な端末やミニPCとのセット商品などを安価に購入したいユーザー向けに用意した。12月1日から提供を開始する。

 2年間の継続利用を前提に初期費用を大幅に割り引く料金プランは,既に「スーパーライトデータプラン(にねん)」と「スーパーライトデータプラン(にねんMAX)」がある。「にねん」は基本料が月額2000円で,初期費用は4万8000円の減額,「にねんMAX」は基本料が月額2900円で,初期費用は6万9600円の減額である。

 「にねん2480」は,初期費用の割引額を上記の「にねん」と「にねんMAX」の中間となる5万9520円に設定したもの。基本料は月額2480円で,2万3825パケット(約3Mバイト)の無料通信分が含まれる。それ以上の通信は1パケット当たり0.042円の従量制だが,2段階の定額制で上限は6460円までとなる。2年間の契約期間満了後は「スーパーライトデータプラン ベーシック」に自動的に移行する。契約事務手数料は2835円。

 最近は多数のメーカーがミニPCを提供しており,3万円台の製品もある。料金プランを多様化することで,量販店は「100円PC」などを打ち出して販売しやすくなる。

[発表資料へ]