PR
写真●あしたゲームPredictionのホームページ
写真●あしたゲームPredictionのホームページ
[画像のクリックで拡大表示]

 プレディクションは2008年12月4日,同社が運営する予測市場サイト「あした新聞」を刷新,現実の未来を予測するゲーム・サイト「あしたゲームPrediction」をオープンした(写真)。また大学の投資クラブによるマーケット予測対抗戦も行う。

 予想市場とは,ユーザーが「株式市場」または「賭け」の形で自分の予想に従って「仮想株」や「仮想通貨」を売買することでユーザーの予測を集約し,未来を予想するサイト。欧米では英Finacial Timesの「FTPredict」や映画サイト「Hollywood Stock Exchange」,スポーツ・サイト「TradeSports」,賭けサイト「BluBet」などがある。

 プレディクション社は予測市場サイトPredictionを2007年11月に開設。2008年8月にリニューアルし,予測結果を新聞記事スタイルで提供する「あした新聞」として運営している。「あしたゲームPrediction」は,「あした新聞」の予測市場に参加する部分を独立させ,ゲームとしての性格を強調し気軽に参加できるようにしたもの。予測結果を閲覧する部分は引き続き「あした新聞」としてサービスを継続する。

 「あしたゲームPrediction」のオープンに合わせて,「大学投資クラブ対抗マーケット予測」も開始した。慶應大学,駒沢大学,東京大学,一橋大学,早稲田大学,各大学の「投資クラブ」が1年間,毎週金曜日の平均株価,株価指数,円-ドル為替相場の終値を予測,的中度により順位を決める。各投資クラブの予測数値は,期間中「あした新聞」の経済欄に掲載する。