PR

 米Sun Microsystemsは米国時間2008年12月8日,データベース・ソフトウエア「MySQL 5.1」のGA(Generally Available)版の公開を発表した。MySQLのWebサイトからダウンロードできる。新版は,大規模なデータベース向けにパフォーマンスを向上させ,管理を簡略化した。公開開始から10日間でダウンロード件数が25万回を上回ったという。

 新版は,データの水平分割で5つのフォームをサポートするテーブルおよびインデックスのパーティショニング機能を提供する。該当する部分のデータ・パーティションだけがスキャンされるようになるため,クエリーのレスポンス時間が速くなった。複製については,新たに行ベースの複製と,行またはステートメント・ベースのハイブリッド型複製の2つのオプションを用意。このほかにも,SQLベースのタスクをデータベース・サーバー上で自動的に実行するイベント・スケジューラを追加した。

 MySQL Enterpriseでは,クエリー分析ツール「MySQL Query Analyzer」を追加してデータベースの速度などを改善した。

 MySQL 5.1は,GPLで提供される無償のオープンソース版「Community Server」,企業向け有償版の「Enterprise Server」,組み込み向け商用ライセンス版「Embedded Server」の3モデルを用意する。対応するOSは,Red Hat Enterprise Linux,SUSE Linux Enterprise Server,Windows,Solaris 10,Mac OS X,Free BSD,HP-UX,AIX,i5/OSなど。次期版のMySQL 6.0は,現在アルファ版として公開されている。

発表資料へ