PR

 野村総合研究所(野村総研)は2008年12月10日,シングル・サインオンを実現するためのオープンソース・ソフトウエア「OpenSSO」の有償サポートを開始した。

 OpenSSOは米Sun Microsystemsが開発しオープンソース・ソフトウエアとして公開しているシングル・サインオン・システム。複数のシステムのIDを統合管理し,いったんログインしたユーザーは複数のシステムについて再度ログインすることなく利用できる。

 野村総研は同社が検証したオープンソース・ミドルウエアの組み合わせ(スタック)をOpenStandiaとして無償で公開し,それらに対する有償サポートを提供している。今回のOpenSSOの有償サポートもOpenStandiaの一環として提供する。

 価格は「シングルサインオン・導入コンサルティング」が300万円から。「シングルサインオン・年間保守サポート」が年間120万円から。OpenIDに対応したシングル・サインオン・システム構築を支援する「OpenID 2.0基盤導入コンサルティング」は個別見積もり。今後3年間で50社への導入を目指す。

 野村総研では「これまで商用のシングル・サインオン・ソリューションは高額なものが多く,有効性は認めながらも導入に踏み切れない企業が多かった。オープンソース・ソフトウエアであるOpenSSOを利用することでコストを抑えながら導入できる」としている。