PR

 ジャパンケーブルキャスト(本社:東京都千代田区,社長:相坂吉郎氏)は2008年12月12日,ケーブルテレビ(CATV)事業者向けの多チャンネル配信サービスの次世代展開の第一弾として,光ファイバー回線を利用した多チャンネル配信サービスを,2009年5月1日に開始すると発表した。同年4月1日に試験配信を開始する予定だ(発表資料)。

 新サービスでは,同社が現在CS(通信衛星)経由で配信しているSDTV(標準画質テレビ)チャンネルに加えて,HDTV(ハイビジョン)チャンネルも提供する。具体的には,10以上のHDTVチャンネルと70以上のSDTVチャンネルを配信する。複数のCAS信号をすべて番組情報に付加して送信する技術「サイマルクリプト」を採用した。動画圧縮方式は「MPEG-2」である。

 ケーブルキャストは当初,東京都と大阪府,広島県の3拠点にアクセスポイントを開設して,順次拠点を拡大する。放送番組の伝送には通信事業者の光ファイバー回線を利用する。なお,同社は2010年度中をメドに,HDTVチャンネルの配信数を40~50程度に増やす方針である。